データは?修理にかかる日数は?iPhone修理に関する不安を解消するために知っておきたいこと

データは?修理にかかる日数は?iPhone修理に関する不安を解消するために知っておきたいこと

過失や事故、それに長いあいだ使っていたことによりiPhoneが故障してしまうことがあります。完全に使えなくなる状態までは悪化しなかったとしても、「最近動きが鈍くて使いづらい」「もしかしてiPhoneが故障しているのでは」と不安に思われている方もいるかもしれません。
iPhoneの調子の悪さを放っておいたことで状況が悪化し、ある時に全く使えなくなってしまう…という可能性も否めないため、少しでも不具合を感じたときには早めに修理業者などに相談して問題を解決してもらうと安心です。
こちらの記事では、iPhone修理に関する不安を解消するために知っておきたいことをいくつかご紹介します。
 
iPhoneを修理するとデータが消えてしまうって本当?
水没や画面割れ、ホームボタンの不具合、バッテリーのパフォーマンス低下、動作スピードの鈍さ、電源が入らない…など、iPhoneにまつわる故障や不具合をこれまでに経験したことがある方も多いのではないでしょうか。
iPhoneの機能を快適に使えないと日頃の生活に支障が生じますし、何より利便性が大きく低下してしまいます。そういった問題を早期に解決するためには、早い段階で「iPhoneを修理する」ということが重要になります。
とはいえ、iPhoneを修理すると「データがすべて消えてしまうのでは?」と不安に思われている方も多いようです。iPhone修理によりデータが消えるかどうかについては、「消えることもあれば、消えないこともある」という答えが的確です。データが消えるかどうかは修理を依頼する前の準備によっても異なりますし、iPhone修理の依頼先によっても異なります。
以下では、iPhoneを修理したときにデータが消える場合と、消えない場合それぞれの例について簡単にご紹介します。
 
■データが消えるときのパターン

iPhoneに保存されたデータが消えるときのパターンに多いのが、Apple Storeや正規サービスプロバイダに修理を依頼した場合です。
Apple社の直営店であるApple StoreやApple社から正式に認定されてiPhone修理を行う正規サービスプロバイダでは、修理に出されたiPhoneを部分修理するのではなく、基本的には新しい端末と取り換えるという方法を用いています。新しい端末に交換すればもちろん故障箇所はありませんし、完璧な状態で受け取ることができます。しかしながら、新しいiPhoneに交換することで故障したiPhoneは引き取られてしまうため、端末に保存されたデータは無くなる可能性が非常に高いのです。こういったときには、iPhone修理の申し込みをしたときにデータが消去されることを見越して、事前にデータのバックアップを取っておき、新しいiPhoneに取り換えたあとで再びデータを復旧させる必要があります。
しかし、iPhoneが故障するまえにバックアップを取っていない、故障してしまいバックアップが取れないときにApple Storeや正規サービスプロバイダに修理を依頼すると、高い確率でデータが消去されますし、バックアップがないことでデータを復旧することもできなくなるため注意が必要です。
 
■データが消えないときのパターン
iPhoneを修理に出してもデータが消えないことがあります。それが、民間のiPhone修理業者に修理を依頼する場合です。
iPhoneの修理を民間のiPhone修理業者に依頼すると、iPhoneの重要な基盤が故障していない限り、壊れた箇所だけを修理したり、パーツ交換をしたりするだけなので、データを保存する基盤部分には手を付けることなく大切なデータをそのまま残すことができるのです。
修理はしたいけれど、iPhoneのデータも残したいというときには、保存されたデータを極力残すことのできる民間のiPhone修理業者に修理を依頼したほうが安心です。
また、民間の修理業者に依頼するほか、あらかじめiPhoneをバックアップすることで大切なデータを守ることができます。Apple Shopや正規サービスプロバイダに依頼すれば、新しいiPhoneに取り換えられてデータは一旦無くなりますが、バックアップがあれば新しいiPhoneにデータを復旧させることができるため、必然的にデータが消えないパターンに持ち込むことができます。

iphoneのバッテリー交換なら札幌のアイフォンクリア

アイフォンのバッテリー交換なら札幌のアイフォンクリア